地球温暖化による環境への影響

地球温暖化とは地球全体の温度があがっていくことのことである。一体どうして地球温暖化は起こったのか、またそれによってどんな影響があるのか簡単に説明していこうと思う。

地球温暖化の原因としてあげられるのは二酸化炭素の増加とオゾン層の破壊だ。

二酸化炭素は温室効果ガスの一つで地球温暖化の原因といわれている。なぜなら高度経済成長により石油や石炭の消費量が大幅に増えそれと同時に二酸化炭素の排出量も増えたからだ。

オゾン層は紫外線を吸収して我々を守り、それと同時に温暖化を抑えていたのだが、高度経済成長期にフロンガスガ使われるようになった。このフロンガスは強い温室効果を持つと同時にオゾン層を破壊する効果もあるのだ。

温暖化の原因は以上の2つが大きな原因だ。

次に温暖化による影響について説明していこう。温暖化によって引き起こされることは海面上昇、熱帯性感染症などがる。

海面上昇は気温の上昇により北極の氷が解けて引き起こされる。これによって場所によっては水没が起こってしまう。また北極の生物の住処もなくなってしまう。

熱帯性感染症とはマラリヤのような本来もっと熱い地域でしか起こらないような病気が起こることである。気温の上昇で病気を媒介する生物が住めるようになってしまうのだ。

このように温暖化は我々にとって百害あって一利なしなので普段から気をつけて環境に配慮していくことが重要だろう。

PR|おすすめエネルギーマネジメントシステムで環境に配慮|