中国における環境問題の今後について

環境問題といえば度々中国が話題に出されますね。毒々しく鮮やかな色で汚染された河川、PM2.5などの大気汚染によって自由に外も出歩けない、等確かに劣悪な環境問題が中国では蔓延しているようです。かつて日本も高度経済成長期においては、公害問題が悩みの種となっていました。現在でも被害者の方は多数おり、負の影響は計り知れません。当時の日本の何十倍以上もの人口が存在する現在の中国における経済発展において、このように熾烈な環境問題が巻き起こっていることも当然といえば当然なのかもしれません。ここで、私が疑問に思うのは、本当に今後経済が安定し国が成熟していくに伴って、中国における環境問題が改善していくのかどうかということです。日本は公害問題をなんとか乗り越えて、現状は世界でも有数の環境に配慮している国と言えるでしょう。中国も同様に今ある環境問題を乗り越えることはできるのでしょうか?正直、経済発展も落ち着いてきた感もある現在の中国において、環境問題が改善しているようには大抵思えないのです。これから中国はどのように問題を解決していくのか、大変気になるところであります。

PR|環境問題を考えるおすすめISOセミナー|