エネルギーから環境問題を考える

自然エネルギーを利用した発電方法は再生可能エネルギーと呼ばれています。火力は資源を使った発電方法で、発電することでCO2を排出するという問題がつきまといます。

原子力はクリーンなエネルギーだとは言われていましたが、核燃料の処理の問題や安全面などから考えるとクリーンなエネルギーとは言いがたいです。

そう考えると地球環境のことを考えたら、自然エネルギーにシフトしていかなくてはいけません。自然エネルギーとして水力や風力、太陽光がありますが、ヨーロッパはこの再生可能エネルギーが日本よりずっと進んでいます。

発電コストなどはかかってしまいますし、全体で見てみると個人の負担する電気料金は値上がりはしてしまいます。一時的に不満は出てくるかも知れません。

ですが、環境問題を真剣に考えていくなら、コストよりも大切なことがあるはずです。個人でできることとは限られていますが、太陽光発電の設備の導入を考える、資源を消費してCO2を排出していることを忘れず節電意識を持ち続けることは、今の子どもたちの将来のためにも大切なことです。

PR|エネルギーマネジメントシステムの導入費用