地球温暖化問題の状況

環境問題として、地球全体の喫緊の課題となっているのが、温室効果ガスの排出量の増加が原因として起こる、「地球温暖化」です。なかでも、温室効果ガスの一つである、二酸化炭素(CO2)の排出量は、世界的にみても増加傾向にあります。また、二酸化炭素の濃度は、年々増加しており、このペースで増加していくと、地球の気温は、どんどん上昇していくことが危惧されています。地球の気温が上昇すると、海水面が上昇し、海抜が低い土地は、海の下に沈んでしまいます。また、生態系が変わったり、日本では、夏が長くなって、サクラや紅葉の季節が短くなってしまいます。温室効果ガスの削減対策としては、化石燃料から持続可能エネルギー(太陽光発電、風力発電、バイオマスの活用など)への転換を図ったり、省エネルギー製品を開発したり、一人一人が省資源化を実践していくこと、などがあります。新興国・発展途上国では工業化が進んでいたり、先進国でもなかなか温室効果ガスの削減が進んでいない現状があるので、難しい問題ですが、問題解決に向けては、地球全体の一人一人の意識と実践が大切です。

PR|http://www.technofer.co.jp|