日本でも起こりえる水不足という環境問題

日本は水資源が豊かな国です。そのため普段生活していて水不足ということをそれほど感じないかもしれません。しかし、現在水不足という環境問題がますます深刻になっています。では、その原因はどこにあるのでしょうか。

水不足の原因はいくつか考えられます。その一つは先進国を中心として水を大量に消費しているという点です。私たちが毎日消費している飲料用の水だけでなく、工業化が進んでいるため工業用水としての水の消費が増えています。また食料を生産するためにも水が必要です。生活が豊かになるにつれて水の消費が増える要因が増えているのです。

さらには爆発的な人口の増加ということも原因の一つです。世界人口は爆発的に増えています。人が増えるということはその生活を維持、支えるために水がどうしても必要となります。

また、水資源の消失というのも大きな原因です。世界中で森林が消失しています。森林は水を蓄える役目がありますが、それが消失することによって水資源がなくなっているのです。

PR|OSHMSとは